上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるで長距離走

起業の準備から実際に起業するまでの期間って長距離走みたいじゃないですか?

走る距離(貯めなければならない資金)は決まっていて、あとはそれをどんなペースで走るか(稼いで貯めるか)。

頑張って速いペースで走れば、走っている時はしんどいけど走る時間は短くて済む。早く終わった分時間があるので、その時間を他の事に回せる。

逆にダラダラ走っていると、走っている時は速いペースで走るよりもしんどくないかもしれないけど結局長い時間走る事になってしまう。

起業の準備で働けるだけ働いて短期間で資金を貯めるか、普通に働いてその中から少しづつ資金を貯めていくのか。という事と似ているように思うのは自分だけですか?

起業する者にとってどちらのペースを選ぶべきかは一目瞭然。

今しんどい思いをすれば後で楽になるという事です。

撤退しました。

久々の更新でいきなりですが、運送事業から撤退しました。

簡単に理由を言うと、利益をいろんなところに持っていかれすぎて実際に収入になる分が少なすぎるから。

そしてその問題は将来的にも改善する見込みがないからです。

続けようと思えば続けられない事もなかったのですが、自分の計画の為に役に立つ事業ではないと判断して撤退を決めました。

この話をするとおそらく批判を受けるでしょう。

「自分で始めた事業をそう簡単に辞めるものではない」とか、「判断するのが早すぎる。そんな期間じゃ何もわからない」とかいろいろ言いたい事はあるでしょう。

でも自分には何となくわかるんです。このまま続けても改善する事はない。

もし仮に死ぬ気で頑張れば改善する可能性があったとしたら・・・。それでも答えはNOです。そのエネルギーを他の事業に回します。

という事ですぐに次の事業を始めます。

何度転ぼうが立ち上がりまた走ります。思いつく事業は全て試してやります。どんな偉い人にその事業は儲からないと言われても試します。世に送り出してその反応を見るまでは儲かるか儲からないかなんて事は誰にもわからないんです。
事業を始める為の手続きや打ち合わせ、取引先への挨拶等一通りやらなければならない事が終わりました。

いよいよ次の月曜日から業務開始です。

最短期間で起業すると決めてから約一年。その期間だけを見るとスムーズに準備ができたようにも見えるかもしれません。

でも実際はかなりドロドロでした。

スムーズにいった事の記憶なんてほぼありません。

それでも何とか、事業を興して起業する事ができました。

まだスタートしていないのでなんとも言えませんが、取引先との打ち合わせで自分が思っていたよりいいスタートが切れるな、という印象を受けました。

初月から確実に売上が上がる事。その金額が想定していた以上にある事。更に二ヵ月目からはそれが1,25~1,5倍に上がる事。

この辺がいいスタートを切れると思った要素です。

ただ不安な要素もあります。

二ヶ月目から売上が跳ね上がる=仕事量も跳ね上がる。日々大量の仕事をこなしながら経理や従業員探しや次の事業の考案・検討などの経営面もやっていかなければならない。

体力・精神力が持つかどうか、ちょっと心配です。

自分はモーレツ人間ではなく、効率のいい方法を考えて出来る限りラクをするタイプの人間なので。

サラリーマンでいると、やらなければいけない仕事は終わっているけど時間が余ってるのでサボってラクしてやがる!と思われるタイプです。^^;


もう一つの不安要素が大問題なんです。

それは、売上は初月から上がるのですがそれがMRSに入金されるのが約二ヶ月後。

つまり次の月曜日から売上がつきますが、その分が6月末日の入金になるのです。

もちろんその間の二ヶ月も経費はいろいろとかかってきます。

手持ち資金が少ない中での起業なのでいきなり資金繰りに苦労しそうです。

とにかく一切の無駄を排除してそれでも足りない分は金融機関に借りるなりしなければいけないかもしれません。

まさに期待と不安が入り混じった開業前々日でした。

まだ見ぬ未知の世界。

自分がそこに持っていくのは「ほんの少しの勇気」という最強の武器です。



習慣の力

最近になってやっと自分に克てるようになってきました。

自分の中の遊びたい欲、サボりたい欲、寝てしまいたい欲などを抑え込んで今やらなければならない事を優先してできるように。

少し前までは何かにつけて自分に都合のいい言い訳を作ってやるべき事を先延ばしにしていました。

少しは大人になったという事なのか。

このやるべき事と欲との葛藤は中学生ぐらいの時からずっとありました。

当時は野球に関してでしたが、練習が終わってから毎日自分でトレーニングをするという目標を作っていました。

でも実際できていたのは週7日のうち半分くらい。

完璧にできない自分がイヤでした。

やらなければいけないのはわかっているけど、明日は試合だから今日は体を休めよう。

というような事を言い訳に遊んでました。

その結果が中途半端な野球人生を作り上げてしまいました。^^;

ただ社会人野球に入った頃にはかなり自分をコントロールできるようになり、一つの大きな目標をクリアできたのは大きかったです。

自分はなぜやるべき事を完璧にできないのかずっと考えていました。

今思っているのは、自分がやり始めたら止まらないから。だと思っています。

一度手をつけると限界までやってしまう。だから次の日は疲労がたまりすぎて意欲が湧いてこない。

これを少しセーブして余力を残したまま、もうちょっとやりたいなという気持ちを持ったまま次の日を迎える事で続ける事ができる。

と思います。


起業を決意してからほぼ毎日欠かさず勉強をしています。

それによって気付いた事があるんです。

同じ事でも繰り返し勉強する事で違う視点が生まれてくる。

例えば一度読んだ本をもう一度読んでみてください。

一回目より深く読めるようになり違う「気付き」が出てきます。

一度読んだ事により少しだけ賢くなった自分が違う「気付き」を感じ取るんです。


最近は毎日繰り返す事が快感にも感じます。笑

逆に用事などでどうしても勉強できない時は変な気持ち悪さが残ります。

こういう習慣をずっと身につけたかったんです。

誰が言っていたか忘れましたがこんな言葉があります。

「心が変われば行動が変わる、行動が変われば習慣が変わる、習慣が変われば未来が変わる。」

いい習慣はいい未来への切符なのかもしれません。

正式に

先日、正式に事業経営届が受理されたとの報告がありました。

MRSの誕生日は3月26日です。

届出書にMRS代表○○(自分の名前)と書いた時はちょっと感動しました。

これで晴れて一国一城の主です。これからこのMRSを責任をもって育てていきます。

実際に開業するまでにはまだやらなければならない事があって多少時間があります。

運送事業を始めるのでト○タレンタリースとの契約はもうしたのですが、営業ナンバーの取得もしなければ事業は始められません。

他にも仕事をもらう企業との契約もしなければなりません。

細かい所で言えば、名刺の作成・社印の作成・帳簿類の準備等など。

まだ始まってもないのに何故か忙しくなってきました。かといって勉強をおろそかにすると後で痛い目にあいそうで、結局睡眠時間を削るしかない毎日です。

特に会計、売上管理の知識は経営をする上で最低限必要な知識なので焦って勉強してます。

資金がもっとあれば税理士にある程度任せる事もできるのですが、何もない所からスタートする自分はすべて自分でしなければなりません。

大変ですがこれは後で役に立つ事なので苦ではないです。

こういう忙しさになってくると、とうとう自分で事業を始めるんだという実感が湧いてきます。

頭の中にこれからどう事業を進めていくか、いくつかのプランもぼんやり浮かんできています。

少しだけ考えを言うと、この運送事業は自分にとって始めやすく安定した売上が期待できるので始めました。

でも安定している分、爆発的な売上の増加は望めません。

なのでこの運送事業の売上が安定してきたら早いうちに次の事業を始めようと考えています。

その事業を始めるまでに自分が日々の仕事をこなす役割から降りていなければならない。

という事はそれまでに運送事業を任せられるような優秀な人物を探さなければならない。

そこでもまた決断が迫られる。知人の中から探すか、求人広告を出して探すか。

知人の中に適任者がいればそれがベストですが。

でも仮にいたとしてもまだ会社でもない個人事業で、しかもこの先どうなるかもわからないのに今の仕事を捨てて一緒に頑張ってくれるのか。

はっきり言って問題だらけです。でもその問題を正しくかつスピーディに決断し解決していくのが経営者の仕事なのでやるしかないです。

一人でできる事なんてたかがしれてる。本気で一緒に頑張ってくれる仲間が早くほしい。


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。