上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腹が立つ本

本屋に行くと毎日のように新しい本が出ています。

自分が主に見るのはビジネス書のコーナーですが、ふと疑問に思った事があります。

これらの本を書いている人物は何者だ!?

本当にまともな知識を持った尊敬に値する人物なのか?

特にビジネス書では教科書や参考書のような決定事項だけを書いているのではなく、著者の考えというのが主になっています。

知識を増やして自分を磨こうと本を買う人からすると、ろくでもない奴のうさんくさい考えを植えつけられたらたまったもんじゃない!

こんな事を思ったのもある本との出会いがあったからです。

その本を読んでいて途中から、「あれ?なんかむかつく!」と思い始めました。

なぜかというと、まずやたら自分の事を自慢してるというか「私は一億程度の金では動きません」とか「今は一億円は持ってないけどその気になればいつでも持てる」とかたいした事ないくせにやたら自慢してくるんです。

あとは本を読んでいる人を完全に見下している。

例えば、「これができていないから今のあなたはダメなんです」とか言って、しまいには「現在のあなたはモグラ叩きのモグラである」とかボロクソに言いやがります。

腹が立って仕方ありません。

こんな人間でも本を出せてしまうんです。だから買う本見る本というのはよく選んだ方がいいと思います。

本を書いているのは立派な人間であるという固定観念は捨てましょう。

あくまで一人の考えを聞くというふうに割り切って、それを取り入れるかどうかは自分自身の判断で決めるべきです。

でもこの人の本はもう読んでやりません。
スポンサーサイト

今後の生き方

これからの事、いろいろと考えています。

まずは仕事。

起業の準備を完璧に整えるまでサラリーマンになります。

起業に関する知識を身につけながら、資金も貯める。

今は店舗系の事業を考えています。となると、店舗の立ち上げ、運営などを学べる仕事をするべき。

個人的に経営学や経理を勉強する必要もあるでしょう。

資金を貯めるとなるとそれなりの給料を稼げる会社じゃないと。

でもそれ以上に自分の信念を貫こうと思いました。

以前は早く起業したい。しなければ!と焦って金ばかり追いかけていました。

金に惑わされて、金に働かされて。とにかく頭の中は金金金でした。

ですが、今回焦るのをやめて自分のペースでいこうと決めた時から考えが変わりました。

金とか損得勘定を越えて自分は事業をする事にロマンを求める。

もちろん会社は利益集団ですし、世の中は資本主義です。

だからお金を無視する事はできない。重要だと思います。

でも人生を架けてやる事業がお金の為だけってなんか虚しくないですか?

これからは物事の判断基準を「儲かるかどうか」ではなく「それにロマンを感じるか」で決めて行きます。

ちょっと頭がおかしくなったと思われるかもしれません。笑

でもその考えになってから悟りを開いた気分です。何をしてても清々しい。

それが他人から見てどうかなんて関係ないんです。自分が気持ちいいかどうかです。笑

でも父親に植え付けられた「男の子は一番を目指すもの」という深層心理は強く残っています。

自分は自分のやり方で一番を目指します。

その為にもまずこの変なプライドをどうにかしないとサラリーマンはできねえなぁ・・・。

事業の本質

前の日記で飛び込みとかテレアポで他人に迷惑をかけてる事業に将来はないと書きました。

それに対して、ある飛び込み営業マンからクレームが来たので説明します。

そもそも事業とは何の為に行われているのか。

これの答えは、利益を得る為。

では利益を得る為にはどうするのか。

答えは、消費者に喜ばれるものを提供する。

簡単に言えば、事業を行う者は消費者に喜ばれるいいモノを作る。それが本当にいいモノなら消費者は自然とお金を払い購入してくれる。

これが事業の本質。

もちろんいいモノを作るだけでは売れない。これを宣伝して良さを伝える必要がある。

そして実際に使った消費者の口コミでウワサが広まる。→更に売れる。

という事になる。

それでも売れない場合に飛び込みやらテレアポなどの方法が使われる。

でも本当にいいモノなら飛び込みとかテレアポはいらないのです。

消費者は本当に必要なら自ら買いに来ますから。

言葉は悪いですが飛び込み・テレアポという手法は消費者の必要のないモノを売る事になります。

だからクレームが多発するんです。

全部が全部悪いとは言いませんが・・・。

自分はどうせやるなら消費者に喜ばれるモノを提供できる事業をすると決めました。

いいモノを作ろうと努力し、スキルが上がればお金は後からついてくる。

それが理想だと思います。


もう一つ付け加えておきますが、お金を追いかける事が悪いと言っている訳ではありません。

この世の中は資本主義です。

資本主義の中でお金を持つ事は力を持つという事です。

力を持って強くなりたいと思う事は悪い事ではありません。

問題はそれをどう使うかでしょう。

力を持てば人を守る事もできるし、人を傷つける事もできますから。
みなさんに報告があります。

俺は誰にも雇われずに生きていく!とタンカを切ってサラリーマンを辞めましたが、運送事業もパートナー会社の選択ミスでうまくいかず早期撤退して、次の事業をと考えていました。

ですが、今回の独立を見送る事にしました。

理由は、全ての面での準備不足です。

まず資金。いろいろ情報を集めましたが、まともな資金がない中での起業ではまともな事業ができません。

店舗系はまずどう考えても無理。

一番現実的なところで、他社の商品を代わりに営業して売るという事業ですがこれをするにも数ヶ月分の生活費を用意していないと集中して進める事はできません。

さらにそういう仕事はひたすら飛び込みとかひたすらテレアポとかでやるしかありません。そんな事業に将来はないでしょう。

そんな他人に迷惑を掛けるような仕事をしていたら、一時的に収入は上がったとしても同時に自分の人間的な価値は下がります。

なにより格好悪い。ワクワクしない。

事業をしていくと、どこかでかならず窮地に立たされる時がくる。

そういう時に自分がしている仕事に誇りを持っていなければ踏ん張る事はできない。

だから自分はもう一度サラリーマンになり、自分自身を磨きながら資金を貯めて、準備万端で自分が誇りを持ってやれる事業で起業します。

話を聞いてくれたみなさん、すいませんでした。

何年後になるかわかりませんが、また起業すると言い出すと思うのでその時はよろしくお願いします。

これからは周りに惑わされず、自分のペースで自分の好きな事をとことん極め、自分の道をゆっくり進みたいと思います。

「走ってばかりだと大切なものを見落としてしまうよ。たまには歩いたり立ち止まったりする事も必要だよ。」

ってどっかの誰かが言ってました。

24歳

気がつくといつの間にか24歳になっていた。笑

高校を出てもう6年も経つのか。いろいろあったようななかったような。

今日家で整理されたアルバムを見つけました。

父親と母親の若き日のアルバムです。二人が出会った頃から子供が生まれたぐらいまでのアルバムがありました。

両親は同い年で、24歳の時に結婚しました。

そう、ちょうど今の自分の歳です。

アルバムに自分と同い年の両親がいる。

親父、若いなぁ。今の俺とソックリやん!笑 でもちょっと世界のナベアツにも似てるかも。笑

おかん、マジで!?かわいいやん!けっこうタイプかも!笑

沖縄やら鳥取やら旅行に行った時の写真とその時のチケット等が丁寧に閉じられていました。

でもすごいなぁ。24歳で家庭を持って今までやってこれたんか。

今の自分が家庭を持つとか・・・全然考えられない。精神的にも経済的にも。

同じ24歳でも自分はまだまだ子供。今の自分じゃあ誰一人幸せになんてできない。

そろそろ結果を出さなければ。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。