上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腹が立つ本

本屋に行くと毎日のように新しい本が出ています。

自分が主に見るのはビジネス書のコーナーですが、ふと疑問に思った事があります。

これらの本を書いている人物は何者だ!?

本当にまともな知識を持った尊敬に値する人物なのか?

特にビジネス書では教科書や参考書のような決定事項だけを書いているのではなく、著者の考えというのが主になっています。

知識を増やして自分を磨こうと本を買う人からすると、ろくでもない奴のうさんくさい考えを植えつけられたらたまったもんじゃない!

こんな事を思ったのもある本との出会いがあったからです。

その本を読んでいて途中から、「あれ?なんかむかつく!」と思い始めました。

なぜかというと、まずやたら自分の事を自慢してるというか「私は一億程度の金では動きません」とか「今は一億円は持ってないけどその気になればいつでも持てる」とかたいした事ないくせにやたら自慢してくるんです。

あとは本を読んでいる人を完全に見下している。

例えば、「これができていないから今のあなたはダメなんです」とか言って、しまいには「現在のあなたはモグラ叩きのモグラである」とかボロクソに言いやがります。

腹が立って仕方ありません。

こんな人間でも本を出せてしまうんです。だから買う本見る本というのはよく選んだ方がいいと思います。

本を書いているのは立派な人間であるという固定観念は捨てましょう。

あくまで一人の考えを聞くというふうに割り切って、それを取り入れるかどうかは自分自身の判断で決めるべきです。

でもこの人の本はもう読んでやりません。
スポンサーサイト

今後の生き方

これからの事、いろいろと考えています。

まずは仕事。

起業の準備を完璧に整えるまでサラリーマンになります。

起業に関する知識を身につけながら、資金も貯める。

今は店舗系の事業を考えています。となると、店舗の立ち上げ、運営などを学べる仕事をするべき。

個人的に経営学や経理を勉強する必要もあるでしょう。

資金を貯めるとなるとそれなりの給料を稼げる会社じゃないと。

でもそれ以上に自分の信念を貫こうと思いました。

以前は早く起業したい。しなければ!と焦って金ばかり追いかけていました。

金に惑わされて、金に働かされて。とにかく頭の中は金金金でした。

ですが、今回焦るのをやめて自分のペースでいこうと決めた時から考えが変わりました。

金とか損得勘定を越えて自分は事業をする事にロマンを求める。

もちろん会社は利益集団ですし、世の中は資本主義です。

だからお金を無視する事はできない。重要だと思います。

でも人生を架けてやる事業がお金の為だけってなんか虚しくないですか?

これからは物事の判断基準を「儲かるかどうか」ではなく「それにロマンを感じるか」で決めて行きます。

ちょっと頭がおかしくなったと思われるかもしれません。笑

でもその考えになってから悟りを開いた気分です。何をしてても清々しい。

それが他人から見てどうかなんて関係ないんです。自分が気持ちいいかどうかです。笑

でも父親に植え付けられた「男の子は一番を目指すもの」という深層心理は強く残っています。

自分は自分のやり方で一番を目指します。

その為にもまずこの変なプライドをどうにかしないとサラリーマンはできねえなぁ・・・。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。