上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるで長距離走

起業の準備から実際に起業するまでの期間って長距離走みたいじゃないですか?

走る距離(貯めなければならない資金)は決まっていて、あとはそれをどんなペースで走るか(稼いで貯めるか)。

頑張って速いペースで走れば、走っている時はしんどいけど走る時間は短くて済む。早く終わった分時間があるので、その時間を他の事に回せる。

逆にダラダラ走っていると、走っている時は速いペースで走るよりもしんどくないかもしれないけど結局長い時間走る事になってしまう。

起業の準備で働けるだけ働いて短期間で資金を貯めるか、普通に働いてその中から少しづつ資金を貯めていくのか。という事と似ているように思うのは自分だけですか?

起業する者にとってどちらのペースを選ぶべきかは一目瞭然。

今しんどい思いをすれば後で楽になるという事です。

スポンサーサイト

撤退しました。

久々の更新でいきなりですが、運送事業から撤退しました。

簡単に理由を言うと、利益をいろんなところに持っていかれすぎて実際に収入になる分が少なすぎるから。

そしてその問題は将来的にも改善する見込みがないからです。

続けようと思えば続けられない事もなかったのですが、自分の計画の為に役に立つ事業ではないと判断して撤退を決めました。

この話をするとおそらく批判を受けるでしょう。

「自分で始めた事業をそう簡単に辞めるものではない」とか、「判断するのが早すぎる。そんな期間じゃ何もわからない」とかいろいろ言いたい事はあるでしょう。

でも自分には何となくわかるんです。このまま続けても改善する事はない。

もし仮に死ぬ気で頑張れば改善する可能性があったとしたら・・・。それでも答えはNOです。そのエネルギーを他の事業に回します。

という事ですぐに次の事業を始めます。

何度転ぼうが立ち上がりまた走ります。思いつく事業は全て試してやります。どんな偉い人にその事業は儲からないと言われても試します。世に送り出してその反応を見るまでは儲かるか儲からないかなんて事は誰にもわからないんです。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。