上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
起業したい!

その想いは日に日に強くなってきています。

サラリーマンとして働けば働くほどに。

前の日記にも書きましたが、自分はサラリーマンが無理です。

今日は何故サラリーマンが無理なのかを書きたいと思います。

理由は、自分の存在意義がわからないからです。

他人に時間を管理されて、仕事を1から10まで教えられる。

そもそも1から10までやり方を強制されるなら、自分じゃなくてもいいじゃないか!と思ってしまいます。

そんな誰にでもできる事はしたくない。

そんなんじゃただの歯車じゃないか!極論を言えば意思を持たないロボットでもできる。

そこに自分の存在意義はない。

何か自分じゃなければいけないような、自分の考えを形にできるような仕事がしたい。

そう思った時にそれができるのは社長しかない。サラリーマンじゃダメだ。

という考えで起業するという道を選びました。

山の上で親友2人に起業すると打ち明けたのはこう思った2日後の事でした。
スポンサーサイト

再びサラリーマン

自分はサラリーマンに向いていない人間である。

それを知りながらもサラリーマンをしています。

というよりもせざるを得ないんです。

なぜなら、サラリーマンが無理なので会社を立ち上げて社長になる。

でもその為にはサラリーマンとしてお金を貯めなければならない。

だからです。


そして、サラリーマンの中でも上司からごちゃごちゃ言われやすい営業は向いてない。

それを知りながらも営業をしています。

なぜなら、どうせサラリーマンをするなら早くお金を貯めれる仕事がいいから。

力仕事は嫌だから。スーツを着て仕事をしたいから。かっこいいと言われたいから。

でも実際の所、営業はかっこいいものではないです。

お客さんにペコペコ、上司に嫌味を言われてもペコペコ、かっこいい要素なんてほぼありません。

それは知ってるんです。

それでも営業で稼がなければいけないんです。

プライドがズタズタになったとしても。

でも自分にそんなうまく世渡りをする能力はありません。

人にはみな得手不得手があります。

自分はサラリーマンが無理です。

営業はできます。でも上司にペコペコは無理です。

最後にこれだけは言っておきます。

自分は誰にもひれ伏さない。

自分の行動は自分にしかわからない。そしてその行動は誰に制限されるものでもなく、遠慮するものでもない。

反撃その1

今の会社には朝礼当番というのがあります。

この当番は朝礼の進行とテーマに沿ったスピーチを全社員の前でしなければいけません。

そして、入社1週間の自分にも順番が回ってきました。

これはピンチ・・・いや、大チャンスだ!!笑

自分のテーマは「チームワークについて」

言ってやりました。

「チームワークとは、ただ仲良くするとか馴れ合う事ではなく、個人個人が自分の仕事をしっかりしていった時に自然にできているのが本当の意味でのチームワークです!」

他にもいろいろ話しましたが、まとめるとこんな感じです。

これをみんながどう捉えたかはわかりませんがちょっとスッキリしました。笑

まぁ一人全く波長が合わないヤツが嫌味を言ってきたという事は更に嫌われたかもしれませんね。

ただ、専務には効いたみたいで今日の集合の時に馴れ合いはいらんぞって言うてました。

これからどうなる事やら。

馴れ合いなんて

今の会社に入って、思った事は・・・ぬるい。

今までの会社とは全く違う。とても競争の世界とは思えない。

正直気持ちの準備をしていたのでガッカリです。

確かにストレスは軽くなるけど・・・違う。

全員が敵で、目が血走って、ひたすら結果を求めて頑張って、そして大金を稼ぐ。

それが不動産だと思っていた。

でも今の会社は上司が詰めるときも半分笑いながら・・・。

まぁ会社がどうであれ自分は自分。一日も早くこいつらを抜き去って上下関係を逆さにしてやろうと思っていたのに・・・。

今日言われました。

「もっと積極的にみんなと仲良くしてくれ。」

なんじゃそれーー!!!

すいません、正直この人達は眼中にありません。自分はもっと上を見ていますから。

というより、この人達と仲良くして稼げるようになりますか?

全く関係ないですよね?

まぁ別に言われたからといって自分を変えるつもりはないですけど。

稼ぐ事以外に力を注ぐつもりは全くないです。

誰に何と言われようと自分の信念を貫き通します。

そろそろ大人に

先日面接を受けた会社の一次選考合格の連絡をもらいました。

次は最終選考です。

今日考え事をしている時に思ったんですが、自分ももう23歳です。

そろそろ大人にならないといけないんじゃないかと思い始めています。

上司に反発して会社を辞めたなんて事は実は恥ずかしい事なんじゃないか?

そこはうまくかわして最終的に自分の意見を通すように持っていくのが大人なんじゃないのか?

YESマンになるなんて死んでも無理だけど、もうちょっと世渡り上手になる必要があると思う。

仕事人間になる訳じゃないけど、やっぱり仕事の事を第一に考えれるようにならないといけないんじゃないか?

プライベートの為の仕事なのか、仕事の為のプライベートなのか。その答えは人それぞれでいいと思う。

でも自分の方向性を考えると今は仕事を優先しなければならない。

今日はそんな子供な自分と大人になろうとする自分が入れ替わろうとした一日でした。

いつまでも子供じゃいけない。。。

面接

今日不動産投資の会社に面接に行ってきました。

すでに1社内定をもらっているのですが、この会社を受けて最終的に決定しようと思っています。

ビルだらけの街の中の1つのビルに入り、応接室に通されました。

座ったのは上座。三人掛けのソファーの真ん中にドカンと座りました。

しばらくすると事務員さんと思われる女性がお茶を出してくれました。

ここまでの印象はまぁまともな会社かな~って感じです。

履歴書・職務経歴書を出して、何項かの質問が書かれた用紙を渡され、記入しました。

応接室に入ってから面接が始まるまで30分ぐらいありました。長い・・・。

面接官の印象は、ワリときちっとしてる感じ。左手にはブルガリの時計。30万ぐらいかな。

話が始まって、まず今までの仕事について質問されました。

その後、この会社での仕事の説明。キツイキツイの連呼。

でもキツイ分見返りも大きいという話。

そして最後に、「ここまでこの仕事の厳しさとかを話しましたけど、今のお気持ちはどうですか?」という質問。

自分は、「何の迷いもないです。キツイのは覚悟の上で面接に来てますから。」と答えました。

「帰りが遅くなったら電車なくなってしまうから社員寮に入る事も考えておいて下さい。」

この言葉を最後に面接が終了しました。

感想を言うと、面接官は面接慣れしていない。話がまとまっていない。コミュニケーションの取り方がいまいち。

最後の言葉はもう採用ですって言ってしまっている。笑

あの人で売れるなら自分にできない訳がない。

あとは合否を待つだけです。まぁほぼ間違いなく合格やけど^^;

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。